スーツの女性

通信制高校に通うことでいくつになっても高校卒業資格を取れる

自分をアピールするもの

文房具

小論文とは、就職活動で自分をアピールする手段として作成するものです。企業の面接を受けるとき何かテーマを決め、そのテーマに沿って自分なりの考えや意見を述べていくものになります。企業に就職すると、顧客への自分の会社のプランを説明する機会があったり、上司への報告や会社内で自分の提案をプレゼンするときなど、いかに相手にわかりやすく、納得させることができ、自分の考えに共感してもらえる内容であるかということが重要になります。仕事をするうえで、自分の考えをきちんと相手に説明できる力があるというのは、非常にプラスなことなのです。就職するときに小論文を提出するのは、その人にこのような力が備わっているかどうかを見極めるためなのです。そのため小論文はきちんとテーマを選び、自分の考えを発信しやすいものを書いていくといいでしょう。

小論文を書くときは、テーマは自分で決めなければならないことがほとんどです。その理由は、決めるテーマによってその人の本当に関心のあることや、考えていることが表れやすいからです。そのため小論文のテーマを決めるときは、なぜこのテーマを選んだのかなどのことも考えながら決めていくといいでしょう。テーマを考えるときは、自分がなぜそのテーマに関心を抱いているのか、実際に体験したことのあるものならその体験談なども交えて書くと一番いいです。なぜこのテーマを選んだのかと、そのテーマについて考えることの必要性などもあるといいです。小論文のテーマを決めるときには、ただ思いついたものを書くのではなく、きちんとそのテーマを選んだ理由なども考えて決めるといいでしょう。しかし、一から自分で考えて小論文を書くというのは、なかなか難しいことです。小論文を書くときには、まず全体の大まかなテーマを決めてから、徐々に内容を突き詰めて書いていくといいです。大まかテーマが決まれば、それについての詳しいことや具体的に書いたほうがいいテーマがおのずと見つかることが多いです。全体のテーマの中から問題点を見つけ、スポットライトを当てていくといいです。